さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2017/06/04 きっかけ

見たテレビ

特になし。

 

特に無い中で、気になったのが1つ。

松本人志「今後こういうことがあったら番組降りる」 フジ「ワイドナショー」、宮崎駿引退宣言の誤報に再度謝罪 - ねとらぼ

オンエア見てない上でこの記事のタイトルだけ最初見た感想が、降りる降りひんなんか、カメラの後ろでやれば良い事と思うんです。それこそ、タレントが怒ってるかなんか視聴者側からすると知った事じゃないし。それをわざわざ表で言うってのは、「降板」という言葉は「こっちは真剣にやっとんねん」の比喩なんでしょうね。的な事で。そう思いながら記事読んだら、オンエアでそんな発言があったみたいで、まあ、そらそう考えるわなと。

松本さん降板、イコール、番組打ち切りなんでしょうけど、局としては「ワイドナショーっていうコンテンツを放したくない」じゃなしに「謝罪せなあかんものはオンエアしたくない」と考えて番組作って欲しいものですね。

 

その他

シベリア少女鉄道さんの公演「たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す。」を観てきました。今日のマチネ公演ですね。面白かったです。

今はもう全公演終了したみたいですけど、どこまでネタバレしていいもんかが分かんないので、ガッツリではなくちょこちょこキーワードが出る程度で書きます。

まず、近くの席にゲラの人が居たんですよね。話が切り替わり始める時点で、その人が笑い始めて。ただ、今思い返すと、客席に揺さぶりをかけるその二歩ぐらい手前で笑うんですよね。何回も見てはるから気が早くなってんのか、ただツボが浅いのか分かんないんですけど。こっちは序盤からいつ切り替わるのかと思って身構えて観てて、自分のペースで「あっ、この辺か」っていう気付きがあった上で笑いたかったので、その人にやられた感はありました。前に別の笑える系の舞台を観ても、隣がゲラの人で、「明らかにそこは笑う程では無いやろ」っていう時に独り言喋る感じで笑ってはって調子狂わされたので、私はこういう公の場はやっぱあんまり向いてないなって思いました。

人の話はそれぐらいにして、ストーリーなんですけど、揺さぶりが凄かったですね。シリアスっぽい話を「全く内容の無い笑い」という調味料で味付けされるので、完全に足元から揺さぶられてましたね。で、話が進んでいくに連れ、感じるんですよね。「こんなバカみたいな事を、ほんとに稽古してたの? この人たちは」という事を。本番は発散する所があるから良いとして、稽古なんか地獄絵図ですよね。シンプルに、どうやってたの? 本当に間違えずに出来てたの? ってか、間違いって何? 諸々考えると、その衝撃が凄く強くて。

あとは、目の当たりにしてる笑いが、乱暴な分け方すると、東京の笑いなんだなと思えてくるんですよね。主たる例が、本当に乱暴で恐縮なんですけど、ツッコミがほぼ無い所。ただただバカな事を好きなだけやって笑いを掻っ攫いにきてて。さっきのゲラの人も笑いとしてはそっちで育ってるんだろうし、こっちは関西の笑い、ツッコミで笑いが起きる笑いで育ってるから、文化とか価値観の違いなのでやむを得ないんでしょうけどね。まあ、ツッコミの無い笑いってそんな見る機会が無いけど、そんなのがどうでも良くなるぐらいバカな事をなさってましたね。誰が見ても笑えるやつ。

ほんで、お芝居が終わって、「おたのしみコンテンツ」を買う訳ですよね。「あっ、これ買えないやつだ」と思いながらロビー出たらまだ売ってたので幸いにして手に入ったんですよね。なんでみんな買わないの?って考えつつ。そしたらこの内容がまた狂気でしたね。作・演出の方は本当にどうかしている。そんな狂気を感じては居るんですけど、そのコンテンツの内容をちゃんと見ると、前述した「稽古の正解が分からない」「ツッコミが無い」の答えが全部そこに載ってるんですよね。私の一歩先を読まれてる気がして、ああ、こういうのも含めて、東京って本当に洗練されてるなあと感心した次第であります。クリアファイルの中身だけ100円で売ってたのも、今考えたらなんちゅう商売やって思います。

最後に、このお芝居の作者の方は、どの部分をやりたいがためにこの作品を書き出したのかが気になりました。最後のあれをやりたいがために逆算してああいう仕組みが出来上がったのなら、本当にこの土屋さんという方はとっとと国宝になればいいのにと思う訳です。

 

ここ何年かはお芝居を年1ペースで見てるんですけど、もっとこういうのは見ていかんといかんですね。来月ぐらいの大王と内場さんのやつもめっちゃ見たいんですけど。

広告を非表示にする