さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2017/07/16 乃木坂京都個握

見たテレビ

特になし。

 

その他

乃木坂46の、3rdアルバムの個別握手会に参加してきました。京都開催分ですね。

朝5時に起きて、帰宅したのは20時過ぎ。クタクタなのですが、感想とかそういうのだけは書いておかねば、と。

 

AM5時

起床

 

AM6時前〜7時半

電車移動

 

AM8時

パルスプラザに到着。物販列は凡そ700名程度の先着。まあ3連休の中日ってのもあるでしょうけど、去年の2ndアルバムの個握の人数と比にならないですね。去年は販売開始2時間前に着いて500人も居なかったはずですから。生写真の販売セット数も知らないですけど、5000セットなら2時間前なら(=9時から並んでれば)今回は買えてなかった気もしてます。

 

AM10時半

11時販売開始で、この時点でやっと2階の販売会場に通される。いつもなら9時台には入れてましたけど…。

という疑念も半分に第2展示場の中に入ると、意味が何となく解った。今回は展示場の中に入ったらほぼ確実に近いレベルで割り込み出来ないレイアウトになってましたね。「いつもは第1部が終わる→既に並んでる友達の所に割り込む」という自分の楽しさonlyの卑怯者の方がいらっしゃるので、本腰で対策してくださったのは有り難い。ただ、この手を打つのはもっと早くても良かったんちゃうかなとも思います。(「意味が何となく」の箇所は、列を外れてトイレに行くとかのチャンスの時間を最大限に取った配慮かと思いました)

 

AM11時40分頃

割り込みの対策があったとは言え、8時に並び始めた人が生写真にありついたのはこの時間。次の全握は行く前からほんと心折れそう。生写真1種類で10000セットぐらい用意してくれたらいいのに。

前から思ってるんですけど、せめて物販開始時間直後に並び始めた人ぐらいまでは生写真が行き渡るべきですよね。結局それは割り込み阻止でどうこう出来る問題じゃ無いので、グループの大きさからしても発注量を見直して貰っても良いと思うんですが…。

ちなみに、手に入れた生写真、今回は寄りが多かった。25枚のうち10枚。その中でも、北野が2枚あった以外は重複は無く。

 

正午頃

JR京都駅に戻って、ラーメンとパフェを食べる。

食料というよりは水分補給も。

 

PM1〜3時

持ってるチケットが4部と5部なので、京都駅構内のベンチに座って休憩。

みるみるうちに空に雲が広がってくる。

 

PM3時半頃

土砂降り。傘を持ってなかったので、UNIQLOで折りたたみ傘を購入。

 

PM4時頃

パルスプラザに再度到着し、物販会場でクリアファイルを2枚購入。職場用と保存用ぐらいの感じで。

 

PM4時半頃

4部の方の握手会! アルバムの時は歌唱衣装なんですよね! 裸足でSummerが見れたらいいな〜と思いながら突撃したら裸足でSummerの衣装来てくださってた! ありがたい! しかもアンダーなのに選抜用の衣装! もっとちゃんと見とけば良かった! ちなみにこれはちーちゃんですね。

 

PM5時〜6時半

5部開始まで待機。先日手に入れたKindleを読みながら。Kindle Paperwhite良いですね。集中して読んだけど目も頭も全然痛くならず。これは良い買い物だったかも。

 

PM6時半

5部開始、握手をしてそそくさと帰る。隣の芝生は青い。

会場内で流れてた曲(たぶんユニット曲)が、何の曲か分かんなかったけど、歌は凄い上手かった。ただ声質が秋元真夏のそれだったので、これが本当に秋元やったら泣いてしまうかもしれんという感じの。

 

PM7時前

京都駅への直行バスが発射直前だったので乗り込もうとしたら、万札しかなく両替が利かないので乗らせてもらえなかった。

しゃーないので竹田駅に向かって歩き始めたら、見知らぬ少年に呼び止められ、私の300円を払って乗車させてくれた。しかも「建て替え」ではなく「奢り」。話を聞いてみるとその子は高校生。もうええ大人やのに高校生に300円をご馳走になる……訳には到底行くはずもないので、2枚買ったクリアファイルを1枚プレゼントした。凄い喜んでくださいまして。もうちょっと話を聞くと、北野日奈子推しの彼は、生写真を7時から並んで手に入れたのに北野が当たらず生写真を全て他の人にあげた、との事。もったいない! と騒ぎたかったけど後の祭りだし、ただまあ何とも可哀想だったのでここで登場するのが私の生写真。北野の寄りver.を1枚プレゼントさせていただいた。これもまた喜んでくれましたね。

その後、京都駅までの数分は普通に乃木坂トーク。なんか、おじさん、すげー楽しかった。握手会で生の乃木坂ちゃん見れた事より良い思い出になった気がする。

 

とまあ、色々あって疲れましたけど、終わり良ければ全て良しという事で。

ちなみに、北野の生写真をあげましたけど、最初、衛藤のが2枚あると勘違いしてて。北野も好きな方なので差し上げるのも若干後ろ髪惹かれてたんですけど、結果論ながらプレゼント本当に出来て良かったです。勇気は大事。