さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/03/23-25 乃木坂46時間TV

見たテレビ

2018/03/23-25配信。何だかんだで見ちゃいましたね。普通に見たものは「△」、特に面白かったり印象に残ったものは「○」、見てないものは「☓」で書いていきます。所々飛んでたり順番がおかしいのはご愛嬌。なるべく時系列に並べてます。

 

さゆにゃんこスターはパフォーマンス会場が乃木神社でしたけど、よく貸してくれましたね。

  • △電視台/能條(マジック)
  • △電視台/山下(ウサギの着包みでチャレンジ)
  • △電視台/渡辺(プリンの食べ合わせ)
  • ○電視台/与田(バラエティ的に体を張る)

業界関係者に向けた企画でもあったらしいですけど、ケイマックス界隈の方しか伝わらないと思います。「与田やられる・齋藤飛鳥がやる」というポジションだったんですけど、飛鳥の本領発揮でしたね。2種目目の激クサ袋なんか遠慮なく何回も与田ちゃんに行ってたし素晴らしかったです。今回出てなかったですけど、生駒ならテレビが成立するって感じになっちゃいますけど、飛鳥はやりたいから・面白いからやるなので面白さの突き抜け方が違いますよね。

ただ、やる飛鳥だけじゃなくてやられる与田ちゃんのリアクションも良かったので、これを見た後に私は与田ちゃんのモバメを取ることを決めました。

  • △電視台/寺田(私服公開と生着替え)

蘭世の生着替え中に、着替えブースに向けてガンマイク向けてる音声さんワンショットの画が数分続いてましたね。新鮮でした。これも生配信ならでは。

素晴らしかったです。生田絵梨花さんの電視台は、工事中のチャレンジ企画にしても十分なやつが毎回なので、出し惜しみしないですね。

  • △46時間 ちぎり絵アートプロジェクト(オープニング)
  • △チューリップ冠番組「ぶらり温泉ロケハンの旅」

何か起こるようで何も起こらない、乃木坂のロケにありがちなやつ。

  • ×ちぎり絵アート(チューリップの裏)
  • ×メンバー間ガチ投票!乃木坂マウンティング①

罰ゲームの所だけ見れたんですけど、罰ゲームが効かない人がいるとまた別の笑いが生まれて良いですね。今回の流れ弾はまあやでしたけど、文句も含めてリアクションがお上手でした。

  • △電視台/大園(初対面の犬と仲良くなれるか)
  • ○電視台/ちはる(パクチーパクチー苦手な生田に食わせる)

これは面白かったですね。ただ、笑いの発生源は生田絵梨花さんでしたけどね。ちーちゃんはパクチー料理を親友に差し出してただけで。

私もパクチーはダメなので、番組とは言え果敢に挑んだエリカ様は偉いです。

  • △電視台/相楽(ドッキリ)

伊織ちゃんメインの何の変哲もないVTR中に突然ホラー的な映像が差し込まれる、という視聴者向けのドッキリ。

白石の好きそうなやつでしたね。ひょっこりはんさん自体を初めてちゃんと見たので、ぐるナイをとっとと見ておけばな、と。

  • △電視台/川後(芸人さんとラジオがやりたい)

「沈黙の金曜日」的なことをアルコ&ピースさんと一緒にやる、という企画。今回は酷かったですけど、言われてた通りに続けていけばひなちゃんの毒が良い感じに作用して跳ねるんじゃないでしょうか。

  • ○私の乃木坂の見方

今回の46時間最大の問題コーナーの一つ。大喜利とカードゲームを足したようなものなんだけども、乃木坂メンバー自身が大喜利の答えを考える訳じゃないし、運にも左右されるから、生配信では一か八かになるんじゃないかってのが普通の考え方かと思います。前半グループが高山・能條・飛鳥・秋元・中田・西野とかで、後半が松村・白石・生田・ちはる・生駒とか。天の声がアルコ&ピースさん。

結局、前半は酷かったですね。全てが悪い方向に作用してしまってて。でも、前半最後に徐々に尻上がりに跳ねてきたのと、後半は前半を見て危機感を持ったメンバーがフルスロットルに近い状態で始めたのが功を奏して、何となく見れるようにはなっていきましたね。

アルピーさんが天の声をやってましたが、画には乃木坂メンバーしか映ってない状態で。そこで、マイナスからよくプラスの方に持っていけたな〜っていう、バラエティの底力が付いてるのが垣間見えましたね。前半グループに中田花奈ちゃんがいたのが、アルピーさんとのチームワークもあって救われた所だとも思いました。

  • ×1st YEAR BIRTHDAY LIVE
  • ×2nd YEAR BIRTHDAY LIVE
  • ×乃木坂「ジャーン!」選手権(1日目の夜)
  • ×お絵描き伝言バトル「テレストレーション」(3期生)

見たかったんですけど、寝過ごしましたね。前回の絵描き歌は全部見れたんですけど、今回はダメでした。

  • △ファンが選んだ!乃木坂46ベストソング延長戦①(100〜61位)
  • △3期生中継(バス移動中映像)
  • △電視台/かりん(将棋クイズ)

都内の土地付き一戸建ての価格があんまり分かってないっていう、有能なかりんちゃんの新たな魅力(弱点)が分かって良かったです。

  • △電視台/佐々木(マツヤさん捜索)
  • ○電視台/川村(「渋谷ブルース」ギター弾き語り)

不覚にもホロッと来そうでしたね。ろってぃーの歌声って儚さや憂いと力強さが混じってますよね。そこに「卒業」っていう言葉がのしかかるから…。

  • △電視台/理々杏(眠いから起こしてほしい)

りりあちゃんはずーっと眠いというフリから入って、松村が寝ている(寝たふりをしている)彼女を罰ゲームな内容で起こそうとする、でも起きない、というカトケンのコントのような内容。まあ、コントなんでしょうが。

内容は与田ちゃんの電視台と近しいんですけど、ひとつ大きく違うのは「松村にやられても起きてはならない」という前提が作用している点ですね。大きくリアクションができないし、結局中学生の女の子に何ひどいことしてんねんっていう感じでしたね。

この罰ゲーム含めた内容がりりあちゃん考案なら、有望ですね。

  • ○電視台/鈴木(子供の質問に答える)

保育園児・小学生低学年の子供4人から出て来る質問に、絢音ちゃんが一生懸命答える、という内容。乃木どこやさゆにゃんの個人PVとかでも昔ありましたね。

猛烈に捌いてましたね。凄かった。絢音ちゃんらしい上品さと所々出る言葉とか応対のセンスが、私は好きでした。声も良いしね。キャプテンとかに向いてんちゃうかな。

  • ×さゆりんご軍団冠番組「女子高生とあそぼう!」
  • ちぎり絵アート(さゆりんご軍団の裏)

YouTubeで見てたので、ここで初めてちぎり絵アートの制作映像を見ることになりました。雑談をしながらちぎり絵アートを進める、という。このパートでは生田・桜井・ちはるのグループと、白石・衛藤・井上のグループだったかな。ちーちゃんの姿勢の良さが印象的。

毎回恒例の2ショットトーク

  • △ケータリングバトル(2日目昼食・海鮮丼)

良い物を食べられる人がいれば、そうでない人も出てくるんですが…前回のことも思い起こすと、絢音ちゃんが良い物を食べていた記憶が無いですね。

  • ×京都中継(街ぶら)
  • ×スイカ冠番組「スイカの伊豆プライベート旅行クイズ」
  • ちぎり絵アート(スイカの裏)

堀・渡辺・鈴木のプリン会と、生駒・高山とあと一人誰かのグループ。

  • ×3期生参加の乃木坂46の「の」公開録音生中継&特別ライブ
  • △メンバー間ガチ投票!乃木坂マウンティング②
  • 幕張メッセ特設会場から生中継(さゆりんご軍団ライブ)
  • △3期生中継(ジェットコースター、お化け屋敷)

ジェットコースターとかお化け屋敷のチャレンジを、生配信でよくやるな、と。

  • △京都中継(お座敷遊び)
  • ×真夏さんリスペクト軍団冠番組
  • ちぎり絵アート(真夏さんリスペクト軍団の裏)

川後・優里・純奈のスイカチーム、新内・西野・堀のグループ。フリートークなせいか、話す内容ってグループで全く違いますね。特に新内の方はらしいなあと思いながら。

何気に面白かったです。トークにおいての2人の関係性が綺麗に分かれてるんですよね。未央奈が話を振って純奈が聴いて、未央奈が変に展開させて純奈がツッコんだり軌道修正したり。純奈の電視台でもそうなんですけど、純奈の有能っぷりが結構見えた今回の46時間だったと思います。

  • △ケータリングバトル(2日目夕食・焼肉)

3チームがまさかの同点という奇跡の展開。良いですね。

  • ○ファンが選んだ!乃木坂46ベストソング延長戦②(60〜21位)

松村沙友理さんがMCで出てくるんですけど、そもそも台本や段取りが入ってなかったりカンペが読めないっていうMCにしては致命傷がある上に、ひな壇に対して畜生な発言もするから、大いに笑わせていただきました。

  • ○電視台/中田(いい先輩コント)

これも好きな電視台でしたね。乃木坂工事中のバレンタイン企画で後輩からチョコをもらえなかった事がきっかけで、後輩から好かれるためにはという課題を一般的な理論を元に実践して解決していく、みたいなコント企画だったんですけど、面白かった。どこかに漂う花奈ちゃんの「残念さ」っていう出汁が効いて、コントの台本自体も面白かったんですけどそれが尚引き立つっていう感じ。この台本を花奈ちゃん自身が考えてたら大したものなんですけど、どうなんでしょうか。

  • △電視台/梅澤(私服クイズ)
  • △電視台/新内(姿勢矯正)

器具に頼らずにちーちゃんを見習ってください。

  • △電視台/生駒(いちごバナナスムージーを飲みたい)

抽選で引いた「いちご」関連の食べ物をいちごとして扱って、いちごバナナスムージーを作って飲む、という企画。結局「いちご煮」「いちごのショートケーキ」「チャンジャ」という、バラエティ的な感じに仕上がったものを飲んでらっしゃいました。

生駒ちゃんも卒業してたぶん女優さんになるんでしょうけど、そうすると生駒のこういう企画がもう見れなくなるのかって考えると非常に寂しいですね。

  • △電視台/星野(料理)
  • △電視台/樋口(食い倒れるまで食べたい)
  • △電視台/和田(味覚算クイズ)

異なるものを食べ合わせると別の食材のように感じてしまう、というアレをまあやが当てるという企画。「誤答する→正解発表される→まあや「○○(正解の食べ物だあ〜!!!」」という流れがまさか何回か連続で行なわれたのが、流石まあやちゃんですね。

  • △電視台/山崎(歴史上の人物を乃木坂メンバーに例える)
  • △電視台/西野(VRゲームに挑戦)

バイオハザードをプレイする際、「VRの機械をセットした七瀬が先に進めず、VRの機械はそのままにゲストの高山にコントローラだけを渡して先に進んでもらう」という謎の流れが出来上がってました。面白かった。

  • △電視台/優里(西瓜を1個食べきる)
  • △電視台/高山(たたいてかぶってジャンケンポン)

唯一の内輪ネタコーナーが今回も。

  • △電視台/飛鳥(かめもんたるとコント)

女優の飛鳥ちゃんでしたね。

  • △乃木坂「ジャーン!」選手権
  • △お絵描き伝言バトル「テレストレーション」(無所属軍団+生田・高山・西野…)

飛鳥・生田・堀の三大画伯が出てらして、いかんなく実力を発揮されていました。前回の絵描き歌と同じぐらいか、絵描き歌のほうがちょっと面白いかも。

個人的には46時間のメインイベントでした。今回は2回戦で、そのうち1回は「霊媒師」の役職が増えてました。天の声はラバーガールの飛永さん。

1回戦目は、エリカ様が追放された辺りから面白くなりましたね。みなみが誰が何役かってのを分かってないけど、ラッキーパンチというか特有の勘でかなり良い所まで戦えていて。これが乃木坂人狼の面白さかなと。

2回戦目は、中田さんが見抜けていないなりに良い働きをされていて、そこに高山一実さんの狂った勘が尚の事ゆったんを助けてしまうっていう。全体を通して高山が不調でしたね。色んな要素が上手いこと噛み合わさっていたと思います。

前回のみなみが勝った時が一番面白かったけど、今回も相当面白かったです。

  • ×3rd YEAR BIRTHDAY LIVE
  • ×乃木坂「ジャーン!」選手権
  • △電視台/阪口(Y字バランス)

京都の個別握手会の待ち行列から視聴。

  • ○電視台/中村(自作クイズ対決)

この企画は衝撃が強すぎましたね。行列に並びながらハンカチで顔を押さえて笑いを殺していました。

まあやはまだ他の番組にも出せるけど、れのちゃんは出せないかなあ。ヘキサゴン出ても何が分かんねんって言って紳助さんがキレるレベルやと思う。この逸材をどう磨いていくか…。

  • ×電視台/吉田(ハワイアンネームを付ける)

この辺でパケット使い切りました。

  • ×電視台/久保
  • ×電視台/佐藤
  • ×電視台/岩本
  • ×犬メン冠番組「いつもの鍋パーティー」
  • ×ちぎり絵アート(犬メンの裏)
  • ×若様軍団冠番組「謎解き生脱出」
  • ×ちぎり絵アート(若様軍団の裏)
  • ×20thシングル発売記念企画 どの料理SHOW!
  • ×電視台/向井(わんこそば)
  • △京都個別握手会中継(ライブとゲームコーナー)
  • △電視台/若月(乃木坂メンバーにモテる男子になるためには)

握手会が終わって、帰りの電車で別の端末から見始めた所。

  • △電視台/井上(音楽劇)

エリカ様も凄かったけどこれもまた。セットが箱馬ってのが気になるぐらい。

毎日放送に許可取ってやってるんやろか。

  • ○電視台/桜井(一人音楽番組)

私もキャプテンの歌声が好きなので非常に満足でした。「笑顔に会いたい」「本能」なんかは、よくご存知でしたね。

  • ○電視台/純奈(即興劇)

純奈・かりん・新内の3人で決められたシチュエーションの元でエチュードを行ない、純奈だけが知るオチが純奈の誘導の元に決まれば成功、という面白そうな企画。実際面白かったんですけど、芝居に関しては有能が解除されるかりんちゃんがいたからですね。ただ、純奈の、上手く芝居に組み込んで誘導するスキルの高さ、プランの計算の速さ、お姉さん方への冷静なツッコミ、どれも見応えがありましたね。純奈と絢音ちゃんはもっと色々やらせてもらうべき。

  • △電視台/松村(マツミン)

またトリなんですね。いいとも特大号のものまね紅白の関根勤さん的な感じになってきました。これがないと締められないっていう。

  • ○エンディング前のCM

本編ではないんですが、「君と僕は会わない方がよかったのかな」のMVがCMで流れ始めて。ひめたんセンターの曲なんで一発目にひめたんが映るんですけど、この時点で何故か涙腺がやばいことになって。で、このMVはラストが一番好きで。そのラストの一番良い所に入る直前にCMが終わってスタジオに切り替わるっていう、本当に何やねん!ってなりました。最後の最後にちはるが誰もいない所に振り向こうとする瞬間でスタジオに。

  • ○エンディング(「ジャーン!」選手権結果発表、ちぎり絵アート発表、諸々の振り返り)

ちぎり絵アートのメイキングと発表を、今回は「君の名は希望」にのせて披露されたんですけど、涙が出ましたね。メイクングの所では特に何も無かったんですけど、Cメロあたりからちぎり絵アートそのものに焦点が当たり始めて、どんどん込み上がってきて、最後のカットとなったアートが完成するともう泣けました。今これ書きながら思い出すだけでも泣いてます。特に万理華ちゃんが出て来るのがずるいですよね。

 

笑いあり涙ありで今回も楽しい46時間でした。

誰かの卒業と重ねてやるのは、泣いちゃいますよね。

 

その他

改めて書きますが、3/25に乃木坂のアンダーアルバムの個別握手会に行ってきました。京都会場ですね。京都の個別握手会ってこれが最後になるのかしら。20thの個別はインテックス大阪ですし。

 

朝11時からグッズの販売開始だったので、生写真目当てに、いつもの通りに7時台ぐらいに着いて数時間待とうと思って待ってたんですけど、大誤算でしたね。行列が全然小さいの。生写真なんか先頭から8人目で、握手会の物販でこんな経験始めてでした。参加する握手会が2部なのでそれに合わせて行っても普通に買えてましたね。まあ、今回の生写真って19thアンダーの14人×3パターンが1種類しかなかったので、バリエーションが増えるともっとすげー行列になってたんだと思います。

逆に、生写真じゃない方の物販は、46時間TVのグッズも同時発売だったせいか、そっちの行列の方が長かったですね。

 

握手会は、初めて能條愛未さんとお会いしてきました。めっちゃ楽しかったですね。顔が近かった。あとは「あみちゃんってこんな美人さんなんや」とも思いました。顔も小さくて美人。今までどう思っててんって話もありますが。

 

で、私は46時間TVをゆっくり見たいから12時半頃に会場を後にする訳ですが、その後の13時半頃のライブのための中継映像を見たら、自分が居た時点の2倍ぐらいのお客さんが会場にいらっしゃいましたね。帰ってからライブまでの1時間でそんな来たの!?って驚きました。