さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/04/21 たいむとんねる、チャップリン

見たテレビ

2018/04/16OA、「イケイケだった80年代のテレビ業界」。

石橋貴明のたいむとんねる - とれたてフジテレビ

始まりましたね。貴明さんの昔話とかって好きでどっぷり聴きたいなと思ってた矢先のこの番組で期待してたんですけど、やっぱり良かったです。ずっと聴けちゃう。

一番印象に残ったのは、Little Kissの裏話ですかね。そこから貴明さんが自ら離婚の話に発展させてたのが新鮮。例えば「みなさん」でも貴明さん自身のトークが少なかったし、そこOKなんだっていう基準が見てる側にも無かったので、軽い衝撃はありましたね。

あとは、芸人とアイドルの関係性。貴明さんと工藤静香さんを見てると、最近で言う有吉さんとAKB48とかバナナマンさんと乃木坂のかたちの元祖感が出てましたね。ただ現代の方は芸人とアイドルの歳が離れすぎちゃってるから、今から20年後って考えた時に例えば設楽さんと生駒が振り返りのトークできる機会って可能性が薄い気がして、何か寂しいです。勝手な想像ですけど。

2018/04/15OA、お笑い王決定戦。

インディアンス、三拍子、しずる、ジグザグジギーら“お笑い王”目指しネタバトル - お笑いナタリー

笑ったのは三拍子さんですかね。久保さんの体型を狙ったような漫才ですけど、狙い方が口先だけじゃないところが他の芸人さんでは見ない所かなと。そこにどんぐりパワーズさんを含めるべきかは微妙ですが。

 

その他

アニメの「ポプテピピック」、12話全てを見終えました。元ネタは正直ほとんどわかんなかったですけど、分からないなりにほんとにずーっとクソということは思いました。製作はキングレコードさんですか。潔いですね。

ちなみに一番クソと感じたのはベーコンムシャムシャくんでした。次点が、第4話Aパートの最後の日笠陽子さんかな。