さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/04/28 ゴッドタン、超合金、ガキ、チャップリン、自己紹介読本

 

見たテレビ

  • TX ゴッドタン

2018/04/20OA、川島スリー企画。

劇団ひとり×麒麟川島×野性爆弾くっきー、トリオで冠番組目指す“川島スリー” - お笑いナタリー

今日は後ほどのお芝居を見に行くのにテンションを上げようと思って寝起きに見たんですが、濃かったですね。笑う準備はできましたが、果たしてこの番組が妥当だったかは不明です。

内容は、実力者が3人集まるとやっぱり面白いですね。バランスも取れてるし。野爆の川島さんがボケても麒麟の川島さんがちゃんとツッコミに回ったりとかね。今後ゴッドタンでこの3人でまるまる1週ってのはないんでしょうけど、所々で出てきそうですね。マジ歌は劇団の川島さんの役回りがあるのでそれ以外の企画で。もしかしたらキングちゃんのシーズン3でもやったのかな?

企画的に一番好きだったのはお悩み相談大喜利でした。野爆の川島さんのEXテレビネタなんか世代を感じさせますね。芸風でも時代でも視聴者置いてけぼりっていう。

あとは、矢作さんが劇団ひとりさんを「劇ピン」って呼んでるのを初めて見た気がします。タレント名鑑だかスター名鑑の時に有吉さんがそう呼んでて劇団さんがクレームを入れてましたけど、矢作さんはその場に居合わせたはずなのにそう呼んでるってことは、劇団さん的にはもうOKなんでしょうか。本筋に全く関係ないですね。

2018/04/21OA、カチコミネタバトル超合金のモノマネ編。

「吉本超合金A」ネタバトル企画にセルスパ肥後、あきら、馬と魚、爛々萌々ら - お笑いナタリー

超合金Aでは初めてのネタ企画だと思います。とはいえ終始、本芸であるなし問わずにモノマネでしたが。

一番感心したのはヒガシ逢ウサカの今井さんでしたね。笑い飯の哲夫さんのモノマネで、そもそもの完成度が高かったのもありますが、披露されてたネタの中では対象のメジャー度合いが高かったのも響いた理由だったかもしれません。あとは、爛々の萌々さんですかね。これはネタ終わりが凄まじかったんですが、編集もまた凄い所で終わらせてるだけに。

ところで、ナタリーさんの記事の画像は、凄いですね。1枚目はLOVEゲームの場面じゃないですか。2枚目に至ってはOAで使われてすらないものをテレビ大阪外部の媒体によく提供したなと感心します。

2018/04/21OA、行ったことない街でベスト3聞きましょう・岩原編の前編。さらーっと流すつもりが、1本丸々見てしまいました。それだけ面白かったです。

そもそもこの企画を見るのも初めてで、ダウンタウンさんが今の歳になったからできるようになった企画なんでしょうね。まあ概ねそういう番組なんだと思いますが。「水曜日のダウンタウン」以外は。

2018/04/21OA、お笑い王決定戦の4月度チャンピオン大会。

ペンギンズ、しずる、ジェラードンら6組、月間チャンピオン決定 - お笑いナタリー

ジェラードンさんは面白かったです。やっぱりな、っていう。普通にキングオブコント優勝してもおかしくないんじゃないかな。

ネタの構成で一番好きだったのは鬼越トマホークさんでしたね。個人的な見方ではありますが、どっちかって言えばブラックマヨネーズさんに重ね合わせたほうがしっくりきました。怒鳴り合いのケンカ漫才っていう意味で。

 

その他

城山羊の会さんの「自己紹介読本」の大阪公演を観劇してきました。

「城山羊の会」という存在も含めて何もかもを昨日まで知らなかったんですが、言ってきました。昨晩、お〜い!久馬さんの観劇後ツイートを偶々見て、面白そうと思ってチケットぴあを見たらまだチケット取扱中だったのでこれはラッキーと。東京までシベリア少女鉄道さんを見に行く余裕がなかったので良い代わりかなとも思いつつ。

直近で見たお芝居というのが吉本新喜劇チックなもの(「愛のなきがら」)やシベリア少女鉄道さんというお笑い一直線のコメディばっかりだったので、正直その反動はあったんですが、でも面白かったです。「間(ま)」ですよね。あとは声のトーンとか。これぞ生の舞台っていう。

……感想をあまり上手く書けないのは分かっていたので、似たような印象をお持ちの方のツイートを見つけたのでリンクを貼っておきます。ありがとうございます。すみません。

12月も大阪公演がおありなようなので、半券を取っておこうと思います。

 

席なんですが、もしかしたら当日券用の席だったのかもしれませんが、ABCホール標準のA列より前に可動式の椅子が並べられた「XB列」というのが存在してて、そこのど真ん中が私の席だったんですよね。今回のストーリー的にはすごい得しましたね。無論どういう意味なのかは言えませんが。

あとは、まあ、色々突っ込みたくなるようなこともあったので(勿論舞台上以外で)、 忘れないうちに他の人に言いふらそうと思います。ただ一つだけ、同じ列(つまり最前列)の方が思いっきり脚を伸ばしてご覧になってて、うわぁ…と感じたとだけ書いておきます。席って凄い大事。

 

帰り道、朝日放送の玄関で、千原ジュニアさんと月亭八光さんが生放送のスタンバイをされてましたね。近くの方がジュニアさんを見て「実在するんやなー」って仰ってました。ジュニアさんも出世されましたね。月亭さんは想像以上にポッチャリしてはりましたね。旦那さんもなんですね。