さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/05/26 #水曜日のダウンタウン #にちようチャップリン

見たテレビ

2018/05/16OA,2018/05/23OAの2本。

「水曜日のダウンタウン」王道モノマネを最初にやった人調査 - お笑いナタリー

劇団ひとりや松村邦洋がビートたけしの“あの走り方”の説を検証 - お笑いナタリー

16日OA分は、かなりの満足感でしたね。「フルマラソン直後はさすがに何の予定も入れない説」の説も良かったんですけど、それ以上にその前後の2本が素晴らしかったです。

まず、「王道モノマネを最初にやった人、意外な人物説」は、検証Vにありがちな「入り口と出口が違う」パターンでしたね。嘘ではないもののクロちゃんとの類似パターンだったこともあり…。容疑者の方が今後当番組でどんなイジられ方をするのかも見ものです。そしてそこの見応えもありつつ、本線である第一人者探しも良かったですね。ただ、途中でテレビ東京からの資料映像が出てきて、その番組のゲストで出てらした松島トモ子さんを目にしたときはハッとなって、これもまた検証Vを見る軸がブレそうになりました。

「大食い×カーリング」のミックスルール対決も、大変な見応えでしたね。今までのミックスルール対決で一番面白かったかも。大熱戦。特に、アンジェラ佐藤さんのカーリング技術がメキメキ上達していくのは、嬉しい誤算だったのではないでしょうか。この番組で、ジャイアント白田さんは松本さんが干してしまいそうな感じでしたけど、アンジェラさんは何気によく活躍されてますよね。

 

23日OA分は、「みんなの説」スペシャルだったんですね。気になった点を掻い摘みながら。

「お菓子の裏に書いてある原材料を適当に混ぜたらそれっぽいものできるじゃないか説」、これが一番好きな説でした。バイきんぐ西村さんのまた違う意味での安定感が垣間見れて良かったです。検証内容も興味深いし、かつ、尺もちょうどいい長さでしたね。
「うがい中のラリアット不可避説」、いわゆるクロちゃんへのドッキリなんですが、笑いました。一部の業界で「水曜日」と言えばこの番組なんですね。
「おばあちゃん、アヒル口できない説」、最後のお母さんで、変なおじさんの「だっふんだ」のSEが使われてましたね。仕事が細かいです。あとは、スタジオで松本さんが清水ミチコさんにアヒル口を振ってましたね。振ったのにも関わらず、ミッちゃんのアヒル口を見て「手出そうになった」と言ってしまうあたり、仲が良いなと感じました。
ビートたけしのあの走り方、本気でやったらいい感じの競技になる説」、劇団ひとりさんによるガッツリの「元気が出るTV」のたけしさんのものまね、「リチャードホール」以来ですかね。すごく懐かしかった。元気が出るTVTシャツもお召になっててね。あとは、劇ピンさんの髪が伸びてきたのも若干面白かったし、劇ピンさんとか松村さんが殿のものまね代表なんであれば太田プロ感の強さが出てたのもまた興味深かったです。

プレゼンターでのダイアンさん、津田さんが松本さんからケチョンケチョンに言われてましたね。「古い頑張り方」とまで言われてて。津田さんが大阪でカンテレ方面で東野さんから寵愛されてたのを考えると、東京も厳しい街ですね。 

2018/05/13OA、お笑い王決定戦2018の5月第3週。

LOVE、東京ホテイソン、トム・ブラウンら「お笑い王決定戦」 - お笑いナタリー

大自然さんのネタが見れたのが嬉しかったですね。今まで漫才ばかりだったので、コントは初めてだったかも知れません。里さんの個人的に好いてる部分を、内村さんとか土田さんが評価してはったのが何だか嬉しかったです。里さんのネタでのあのフレーズセンスはほんと素晴らしい。東京向きなんかな。白井さんの水アレルギーの話も携えて、東京で大きく羽ばたいていただきたいです。

 

その他

起き抜けに風呂に入り、ぼーっとした頭で「花は咲く」の歌詞を見て、朝イチから泣いてました。

起きてすぐは色んなことを考えられないから、目にしたものがスーッと入ってきますね。何回も聴いた曲なのに。今まで如何に集中して聴いてなかったかが分かりました。