さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/06/23 #LoveLater

見たテレビ

特になし。

 

その他

西梅田ポストよしもとで行なわれた舞台「Love Later」を観てまいりました。再演だそうです。脚本とおそらく演出がお~い!久馬さん。キャストは日替わりで、今日の公演は吉本新喜劇福本愛菜さんと劇団Patchの三好大貴さんでした。

いわゆる「朗読劇」なのですが、脚本の執筆が久馬さんということで、さぞかし笑えるのだろなと思い、観劇してきました。予想は当たり、概ね笑顔…だったのですが、後半は泣いてしまいました。久馬さんの脚本で泣いたのは初めてでしたね。泣いたから、という訳ではないですが、非常に素晴らしい舞台でした。

物語は朗読8割・普通の会話劇1割・ツッコミ1割の割合。男性役の引っ越し先の部屋に段ボールが置いてあり、その中にあった男女の交換日記を読み進める…というもので、基本は朗読ながら途中途中で朗読内容に男性役のツッコミが入りながら進んでいく流れ。笑いのある箇所は、久馬さんの存在があるため、シェイクダウンのコントを観ているようでした。貝殻のコントのような、後藤さんが声にツッコむようなやつ。ただそれだと男性役は後藤さんでしっくりくるのですが、女性役が久馬さんと考えると非常に気色の悪い…。福本さんで良かったです。

キャストの感想だと、お二人とも非常に素晴らしかったです。お二方の芝居の力量を知らない状態だったのですが、滑舌・演技・ツッコミやその他諸々の全てが良かった。三好さんは勉強不足ながら顔を拝見したのも初めてでしたが、芸人さんに負けないツッコミでひどく感心しました。福本さんは完全に女優でしたね。主戦場が新喜劇のような大きな舞台だと大きな芝居になってしまいそうですが、滑舌も良いし朗読も程よい感情で、新喜劇には勿体無いような笑、凄まじいポテンシャルを感じ取りました。他に特筆すべきこととしては、三好さん・福本さんの両方が、朗読中に涙を流してらした点でしたね。朗読劇自体が初体験で、淡々と読んでくんだろうなと思ってたら、そうじゃなかった。しかも二人共良い場所で泣くもんだから…。ただそんな中でも福本さんは声色が変わらず、それもまた素晴らしい限りでした。前日の河井ゆずるさんと壱劇屋の西分綾香さんが観られなかったのは惜しかったですが、お二人とも泣かなさそうな気もするので(実際どうだったのかは不明)、そういう意味でも今日の組合せは良かったと思います。

演出面では、ポストよしもとの立地にも関わる話なのですが、JRの電車の音が良い効果音になってました。ポストよしもとに入ること自体が初めてで、最初に電車の音が聞こえた時に「これは集中できるのかな?」と不安になるぐらいはっきり聞こえたのですが、シチュエーションがとあるマンション?の一室ということもあり、良い方に倒れてくれましたね。アフタートークで久馬さんも感心されてたぐらいでしたし。あとは、朗読劇ならではというか、キャストからは基本的に客席を見られる機会がないのが、新鮮でした。特に笑いが起こる想定の場面なんか、脚本に則らなければならないとは言え、客席の暖まり具合が気になるはずなので、それを見ないまま進むっていうのは凄いことをやってるのだなと。

初めての「ポストよしもと」という観点では、外部の音という気になる点はありますけど、それ以外は良い意味で「普通」の劇場でしたね。遮音性さえあれば、立派な100キャパ程度の小劇場で、駅にも近いし、ここを使いたい劇団の方ってたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。西梅田劇場という大きな劇場が近くにあるにも関わらず、こういう小屋を簡単に作れてしまうのが流石は大手の吉本興業かなと感心します。

最後に久馬さんについて。今回の物語は、久馬さん色が出てるなって思いましたね。それをモロに感じたのがクライマックスの展開。伏線を強引に回収しにかかるのが久馬さんらしくて。でもその「強引」というのは、言い換えれば一番インパクトのある展開の一つなので、結局は物語に吸い込まれてしまうという。程よくコメディアンらしい笑いもあるので、久馬さんのお芝居が観られて幸せでした。カーテンコールでのアフタートークもあって、久馬さんはそこで初めて出てくるんですが、それもまた良くて。一番泣けるのが一番最後の朗読なんですけど、そこで涙が出てきてちょっとはその余韻を楽しみたいのに、アフタートークが始まってすぐに久馬さんがいつもの通りにボケるから、観客としては精神的にボロボロになってしまうんですよね笑。それもまた良いんですけど。舞台終了後は翌日のチケットの手売りで入り口にお立ちになったりもして。よっぽど握手していただきたかったんですけど、そのまま通り過ぎてしまいました…。

 

という訳で、改めて言いますが、非常に良いお芝居でした。新作をボンボンやるというのは難しいとは思いますが、久馬さんにはまたこんな朗読劇やお芝居をお願いしたいです。素晴らしい体験をありがとうございました。