さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/06/24 #水曜日のダウンタウン

見たテレビ

2018/06/20OA、「テレビに食べ物が映ったら同じもの食わなきゃいけない生活 フードファイターなら24時間ギリ達成出来る説」「丑の刻参りの頭にロウソクスタイル 熱すぎて呪いどころじゃない説」など。

クロちゃ」んやザコシの頭にロウソク、熱すぎて呪いどころじゃないのか検証 - お笑いナタリー

例の警察沙汰が発覚して、OAする企画の差し替えがあった回ですね。それでも、飛んだのが鳴り物入りの大型企画というのにも関わらず、ようこうんな魅力的な説の検証が残ってたなと。

「テレビに~」の説は、完食したチームの功績よりはどうしてもジャイアント白田さんの食べられなさに目が行っちゃいましたね。何でこの人を呼ぶんだろうと素直に嫌気が差してしまうのですが、まああくまでこの番組は「水曜日のダウンタウン」ということで。チャレンジ物の説を真面目に見たい人もいれば、こういう息抜きを大事にする人もいるだろうし、白田さんは何気に考えさせられる存在なのかなとも思ったりしてしまいます。

「丑の刻参りの~」は、良い時代のバラエティかと思いきや、色々と目新しい箇所があることにも注目すべき説でした。例えば、罰ゲームの内容が「呪われる」だったり、(芸人同士のじゃれ合いの一環として)生身の裸へ直火を突き付けられるくだりがあったり。こちらも今回OA予定の説と同様にコンプライアンス的にどうなのかというのはありますが、バラエティとしては非常に楽しめました。あと、挑戦者の紹介時の画の左上に今回不参加だったバイきんぐ小峠さんの遺影っぽいのがしれっと使われてて、確かにこういう企画を一番やりたそうなのは小峠さんだろうから、言わんとすることは分かりました。

 

ほかは、2017年年末にOAされた、テレ朝の「よゐこvsナスD 無人島0円生活」を流しながら。とはいえ、5時間ほどのOAで2時間ぐらいは見てしまいましたけども。

「陸海空 地球征服するなんて」は見たことがなく、ナスDの人となりも全然知らなかったので、今回は良い機会でした。感想としては、ナスDという方は、顔色はもう普通なんですね…ということではなく、ディレクター職なのにタレント性が溢れた非常に魅力的な方なんですね。嫌味のない、カラッとした、しかも男前で聡明で。藤村忠寿さんの逆を行くような。関西出身でああいう本筋のタレントじゃない、でも好感度の高い、と言われると、逸見さんみたいやなーと思ってしまいます。何かの拍子にテレ朝という制約がなくなると、世の中を牛耳るような存在に成るんでしょうね。

 

その他

山名さんのメガネ姿はいいですね。ただ、これから先は超合金を思い出して寂しくなりそう。

アキナが語るバスツアーの思い出、守谷日和発熱事件&和牛・水田マジ切れ事件も回想「絶景列車、只見線!奥会津魅力満載キャンペーン」特集 (1/3) - お笑いナタリー 特集・インタビュー