さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/07/20 #ハン魂

見たテレビ

特になし。

 

その他

HEP HALLにてMousePiece-reeさんの「hang on 魂」を観てまいりました。

MousePiece-ree「hang on 魂」|HEP HALL|大阪・梅田のイベントホール

春先にフライヤーを観た時から気になっていました。「貴方を必ず騙します!」という謳い文句が決め手で。どんな頭の使わされ方をするんだろう?って。でもチケット代を渋ってチケット取ってなかったんですけど、一昨日ぐらいに観に行く決心をして観劇してきました。

結果ですが、観に行って良かったですね。ストーリーが思ってたより手軽に楽しめる内容で。そこに「楽しさ」が合わさってきて、満足度が高まりましたね。

とにかく楽しかった。コントでもアドリブでもない楽しさ。レビュー的な華やかさもありながら、一番楽しいのはお芝居を逸脱した変な遊びなんですよね。後半ぐらいに4人でやってるアレ。終演後にTwitterで見てるとこちらのユニットさんでは恒例のやつみたいで、私は初参戦だったのでただただ「何じゃこの楽しいやつは!?」っていう感じだったんですけど。もうずっと終わらなければいいのに、とさえ思いました。今もそう思ってます。そこの部分だけでも動画で欲しいぐらい。

そういう遊びって、ええおっさんが元気に大声出して真面目にやるから、面白く成立すると思ってて。そもそもユニットの紹介文に「アラフォーで脂ののった今が旬のユニット。」ってあって、まさに的を射た紹介文ですよね。舞台で遊んでも許されるお年頃とでも言うべきなんでしょうか。

MousePiece-reeのお三方以外の演者さんも粒ぞろいでしたね。美津乃あわさんは、途中ご自分のセリフで笑ってらっしゃって、それが楽しさを引き立たせてる感じがしました。再来月のプラン9さんのお芝居にもご出演になさるそうで。大沢めぐみさんは声、井路端健一さんは滑舌の良さが素敵でした。吉元遥さんはじゃりン子チエのチエちゃん的な顔と最後の可憐なアレという色んな顔があってお芝居の立派なシンボルになってましたね。

繰り返しになりますが、楽しかった。次回作もまた観に行きたいです。

 

遊びの最後に森崎正弘さんが暴走されてて、ああいう熱の入り方も大好きなんですよね。今、他に気になってるお芝居の中に子の掌に月さんの公演があって、そちらにも出演されているので、こちらもまた観に行きたいと思いました。何やら良さそうなサイクルに入ってきました!