さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/08/19 #あきたらず

見たテレビ

特になし。

 

その他

淀川文化創造館シアターセブンにて「あきたらず vol.5」を観てまいりました。

以前観劇した中野劇団さんの「代役」にご出演されていたイカスケの青木さんや、そもそもの中野劇団さんもご出演されるということで、観てまいりました。前回以前の同イベントはおろか、「ありきたり」も存じ上げない状態ですね。

感想ですが、本当に面白かった。演劇とはまた違う面白さ。演目が多岐に渡っているからなんでしょうね。だから、面白いし楽しかった。漫才・コント、ダンス、歌、トーク…。これらが10~20分程度で入れ替わり立ち替わりでどんどんやってくる。それらが面白かったり楽しかったり。

とは言え、どう面白いかは演目次第なので、思い出せるものを挙げてみます。

前説とOPのフリ。青木さん・有北さん・安東さんのお三方。凄い長かった。長く感じたのは前説という認識でスタートしたからですね。内容は青木さんの花火現場での着火方法のくだりが印象的でした。

ダンス。Allyさん・川村さん・chiiさんと安東さん。ダンスは華が出ていいですね。まあこれを思ったのはMousePiece-reeさんの「ハン魂」を観た時なんですが…。それでも華やかで良かったです。川村さんのロボット的な動きも含めて。安東さんのバトントワリングも良かったです。前説で許容されてはおりましたが、それでも天井にぶつけないのは流石でした。

歌。Allyさん、chiiさん。Allyさんはお客さんがお引きになったクジで選出。新コーナーの一発目なので当選した時は持ってるなーと思いました。chiiさんはギター弾き語り。凄い上手かった。好きな歌声だったので動画で撮影してた方は羨ましいなーなんて思ってたら、8月の終わりに弾き語りライブがあるんですね。こちらも参加される方は羨ましい。

コント。中野劇団さんと、かのうとおっさん。中野劇団さんは2本。取調室のコントと、有給申請のコントでした。「取調室」は観劇三昧さんで無料配信されている「趣味と実害」の公演の中にある作品ですね。観劇三昧さんで観た時に気に入っていたので、まさか生で観られるとは…と感激してました。あの時のまま面白かったですし、生だと延命さんがサウスポーということも判ったり三条さんがセリフをトチり倒してたりしてはって尚お得感がありました。それ以上に面白かったのは2本目のコントですね。こちらは三条さん・川原さんの掛け合いなんですが素晴らしかったですね。会場も相当ハネてました。私も爆笑してました。作品名を知りたい所です。かのうとおっさんのお二人は初めてでした。嘉納さんがトークコーナーで割と自由にやってらしたんですが、実際にコントではちゃんと演劇の顔になってて流石かなと。

漫才。青木さんと櫻井さん。途中までは立ち話っぽかったですけど、後半にコントが混ざりだすとちゃんとした漫才師の漫才でした。

全員出演のトークコーナー。中野劇団の中野さんも交えて。パフォーマンスとのON・OFFのギャップが程よくて良かったですね。強いて言えば、青木さんが終始回し役だったので、青木さんの話ももっと聴きたかったですね。

 

ということで、ざっと書いてみましたが、コントを楽しみに観に行ったので紙幅にばらつきがあるのはご了承いただきたいなと思ってます。前説を含むと3時間弱なんですかね。楽しくてお腹いっぱいになりました。中野劇団さんの「代役」関連の方しか存じ上げなかったので、良い出会いがたくさんあったなと。しかも人となりが分かる出会い方というのも良かった。楽しい時間を過ごせたのももちろんありますが、そういった出会いが一番の良かったことだったかなと思います。

vol6があれば絶対に観に行きたいですね。ありがとうございました。