さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/09/28 #ちー茶ん (橋田ゆういちろうのカンパニー)

大阪中崎町はcommon cafeにて、橋田ゆういちろうのカンパニー 其の6「ちー茶ん」を観てまいりました。

ちー茶ん | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!

其の6ですが私は初観劇でした。うえださんとボブ・マーサムさんは拝見したことがあり、他の方々は初めましてでした。座長の橋田さんも。

何というか、コントでしたね。自称どおりの「ハナクソコント」。演者は役者さんで、何の意味も無い系の考えずに笑えるやつ。ストーリーも一応あって、最初と最後はよいのですが、中盤がもうハナクソなんですよね。浅野彰一さんが出て来るあたりで崩壊し始めて、ボブ・マーサムさん登場で全壊。徐々に崩れていくのが好きでしたね。

若干のネタバレになり恐縮ですが、メイクもコントメイクでしたよね。この時代、顔に描くのも中々観ないかな〜なんて思うんですけど、キャスト7人中3人が顔に描いてはって。ほぼ半分ですよね。コント感が増して良かったです。

キャストの方をば。

ちい子役、古谷ちささん。おばかさんでしたね。伝わりました。しかも憎めない方のおばかさんではなく、癖のある方のおばかさん。また途中で何某に何回か頭を叩かれる演出というか暴力的なものもあって感心しました。

山野役、橋田雄一郎さん。ツッコミ上手かったですね。間とトーンが絶妙で素晴らしくて、ワードセンス関係なくツッコミで笑える感じでした。これだけでもまた聴きに来たい。

みきお役、うえだひろしさん。前回は「ピタゴラスのドレス」で拝見しましたが、その時と同じでしたね笑。またこちらもツッコミの間が良いし、何と贅沢な座組かな〜と。

かよこ役、伊藤えりこさん。とある所が大きかったですが、何か入れてらっしゃったのでしょうか。あとはメイクのせいか、フライヤーにあったお写真とは全くの別人でビックリしました。女性でああいう描き方するかね!?っていう。

新井役、浅野彰一さん。いやー、好きでしたね。作品を瞬く間にカオスの方向に持っていってらっしゃって素晴らしかった。「イッちゃってる目をする」っていうのはボケなんでしょうか。

おじいちゃん役、加門功さん。フライヤーの通り、カステラでしたね。それもまたカオス感が出てて良かった。

渡辺役、ボブ・マーサムさん。渋い役でしたね。今回含めて半年で4回もボブ・マーサムさんご出演の舞台を拝見しましたが(全体の役者さんの中で一番多い)、どれも違う役柄でして。それでも今回の役が一番しっくり来てたような気がしました。ヒゲなんですかねえ。

 

意味のないコントやコメディを観るのは本当に楽しいですね。「次があるかは分からない」と橋田さんは仰っていますが、其の7以降があればまた是非拝見したいです。欲を言えばもうちょっと広い劇場で! ありがとうございました。