さむのはてぶろ

テレビの感想とか書くやつ

2018/10/20(3) #12じゅうに (劇団なつみかん)

大阪心斎橋はウイングフィールドにて、劇団なつみかんさんの「12」を観てまいりました。10/20 19時の回ですね。ウイングカップ9出場作品でもあるそうです。

12 | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!

 

初めての劇団さんでした。観劇の決めては、やっぱり「コメディ」であるという点ですね。コメディ探求者につき。あらすじを上記リンクから引用します。

とある劇団の稽古場。演劇の大会に向けて練習の毎日。しかし、台本は最悪、演出も最悪。不平不満だらけの役者たち。そこに突然の入団希望者。
脱サラしたばかりの43歳。この人の登場により劇団は崩壊!?
果たしてそれぞれの運命はいかに…!
笑いあり、涙あり、汗あり、ドキドキあり。
劇団なつみかんがお送りする、ドタバタハートフルコメディ。

第一印象はこれはもしやドロドロ系かな?というものでしたが、実は違いましたね。何のドロドロ感もない、ほぼほぼ明るさしかない作品。涙となると もっととんでもない問題が出てきても良かったとは思います。でもこのお芝居の魅力はそこじゃないんでしょうね。ストーリーは役者さんを輝かせるための手段の一つなのかもと。逆に言えば、上演時間は1時間ぐらいなので、その1時間に起承転結がよく詰め込まれているという感心もありましたよね。

そこでこの作品の核心ですが、それぞれの演者さんの個性や魅力なんでしょうね。Twitterで他の方の感想も拝見すると概ねその点で。私もまたそう思いました。特に物語の序盤でそこが時間を取って丁寧に描かれてましたよね。ある意味では顔見世のような。私のような新参者からすると有り難い時間でしたが、既存のファンの方からしても垂涎だったんではないでしょうか。

 

ただこの、ここまで書いときながら、本当に私がよくないのですが、舞台でお見かけしていた方の特徴(特長)とお名前が一致しないんですよね。名前と特技は一度に覚えられないという悲しい現実…。なので、大変申し訳無いんですが、憶えている範囲で役者さんのお名前を出しながらピックアップしていければなと。

印象に残ったのが、ダンス・歌・ごにょごにょしている所の3点でした。

ダンスで一番印象深かったのは松本麻稀さん。私の座席の関係もあり恐縮ですが、上手の最前列で踊られるシーンがあって(最後のシーンかな?)、その迫力とキレが凄かったですね。ダンスって今までの人生でほとんど触れてこなかった分野ですけど、上手い方(プロの方)のものを目の前で観ると揺さぶられるものがありますね。

歌も皆さん上手かったですよね。劇中劇でミュージカルが繰り広げられるシーンで特に感じた訳でして。ちゃんと鍛えられた歌い方をされてるな~と感心したことは強く憶えています。みんな上手かったからピンポイントで挙げられないということで…。

最後、「ごにょごにょしている所」ですが。リアクションですよね。メインでセリフを言っている方がいて、そのセリフを受けて後ろでリアクションするモブ的な役割という意味合いをまとめて「ごにょごにょ」と書いたんですが。それを徹底してやってらして、ちゃんと細かい所まで演技してはるなーと感心していました。杉崎おとさんが印象的だったかな。役柄のキャラもあるんでしょうけど、「人の話聞けよ!」みたいに怒られるレベルでワイワイされていたのがパッと目に入ったので挙げさせていただきました。

 

今回は全力で楽しいことを観せていただきましたけど、別に次でなくてもよいので 少し落ち着いたお芝居も観てみたいですね。

次はどんな楽しいことを観せていただけるのでしょうか。期待しています。