さむのはてぶろ

演劇やテレビの感想とか書くやつ

観劇ふりかえり(2020年1月)

はじめに

去年は三ヶ月に一回振り返ってたのですが、全然憶えてらんねーな!って感じだったので今年はもっとスパンを短くします。

アジェンダは当エントリ先頭のリンクの通りです。大項目は少なくとも今年一年はこれでいってみます。

 

観劇リスト

当月にリストアップするか否かは私の観劇した日を基準とします。ナタリー記事がある作品はリンク貼ってます。基本的には観劇した順で挙げてます。

  1. 劇団壱劇屋『劇の劇』
  2. かしこしばい『杏の誕生日』
  3. 空宙空地『飛ばないロケット』
  4. 三等フランソワーズ『青い恋人たち』
  5. DOORプロデュース『空のエール』
  6. 未来会議『まなつのひびのうつつ』
  7. 劇団乱れ桜『夫婦未漫談』
  8. 空宙空地『死ぬ時に思い出さない今日という一日』
  9. 三等フランソワーズ『birthday』
  10. コンブリ団『紙屋悦子の青春
  11. アカルプロジェクト・ウィークエンドシアターコラボ公演『エスケープ』(Aキャスト)
  12. ヨーロッパ企画イエティ『スーパードンキーヤングDX』
  13. 『強龍2020 〜新春大喜利会〜』

※No.2~9は『第5回 30GP』での上演。
※No.13は演劇ちゃうよ。

 

今月の3本

特に印象的な3本を挙げ、簡単に語ります。順不同です。

空宙空地『死ぬ時に思い出さない今日という一日』

今回の30GPではみんな大好き・空宙空地さんの新作を観る機会に恵まれ、しかもたっぷり2回も堪能でき、幸せな時間だったことには違いありませんね!

『飛ばないロケット』は"行間を読む"という私のすげえ苦手な作業が必要な作品だったのですが(それでも2回観て「これはおもろい」とちゃんと思えた)、この『死ぬ時に~』は空宙空地さんが掲げる「ジェットコースター」性が全面に出るなど"わかりやすい"仕上がりになっており特筆して好きな作品かなあと思ったのであります。

おぐりさん&関戸さんペアが演じる作品は、本当に良いですね。

三等フランソワーズ『birthday』

結果として『第5回 30GP』の優勝作品となりましたね。『クリスマスギャロップ』系は昨年のこけら落とし版『birthday』と本公演『クリスマスギャロップ』を観ていたのですが、段階を経るごとに沁んでいくのが解った気がします。たとえば私の泣きの速度で言うと30GP版が一番速かったかも。こけら落としでは泣かなかった。『クリスマス3ギャロップ』ではラストの良いシーンで泣いた。そして30GPではそれよりも速く…。

あまりとやかく言うべきことでもないのですが……こけら落とし版は観劇環境的にかなり気が散る事象があって、実はほぼまともに観れなかったのです。なので30GPで『birthday』を上演してくださると聞いた時は嬉しかった。たとえ『クリスマスギャロップ』を直近で観ていたとしても。

30GPの観劇でも実際は気が散る要因もあったのですが、それでもこけら落とし版・クリスマスギャロップの両方で気付けなかった"良さ"を見出すことができ(具体的には中川さんの演技面です)、その点でも嬉しかったのが我ながら印象的でした。

コンブリ団『紙屋悦子の青春

空襲のシーンが、本当に、本当に、怖かった。これまで観てきた演劇の何よりも怖かった。これは、語り継ぎたい。

 

そのほか

新春大喜利会、楽しかったなあ。私のツイートより。

 

来月の観劇予定

  1. 劇団右脳爆発
  2. SHASEN×ステージタイガー
  3. をまちながら
  4. 空旅
  5. 匿名劇壇
  6. 劇団ミネット
  7. 北九州芸術劇場
  8. DOORプロデュース

 

おわりに

こんな調子で書いていきますね!!!